SoSoDa


ゲームパッドの選び方

更新日 2021年9月19日 | 公開日 2019年7月2日

ゲームパッドの選び方のトップ画像
目次
  1. ◆1 おすすめのゲームパッド
    1. ・1-1 おすすめしないゲームパッド
  2. ◆2 ゲーム機のゲームパッドについて
  3. ◆3 有線と無線
    1. ・3-1 有線と無線での電源について
  4. ◆4 左スティック・D-Padの位置とボタン表記について
  5. ◆5 各機器でのおすすめのゲームパッドへ
    1. ・5-1 Windwos
    2. ・5-2 iPhone / iPad
    3. ・5-3 Android

1【おすすめのゲームパッド】

結論から書くと【ゲーム機のゲームパッド】が、お勧めのゲームパッドになります。 特に【Xbox Series X】と【PlayStation 5】のゲームパッドがお勧めで、次点で【Switch Proコントローラー】になります。

ゲーム機のゲームパッドは耐久性が高いため壊れにくいです。 また、それぞれのゲーム機の他にも【パソコン・タブレット・スマートフォン】などにも接続できるため1つ持っていれば色々な機器で使い回せる事にもなります。

1-1【おすすめしないゲームパッド】

おすすめしないゲームパッドという物もあります。

◆安物のゲームパッド
高確率ですぐに壊れます。安物とはいえ、すぐに壊れたら腹が立ちますし捨てるのも面倒ですので買わない方がいいです。

◆スマートフォン用のトリガーボタンだけのゲームパッド
これもすぐに壊れる確率が高いです。また小さいので無くしやすいです。

◆よく分からないメーカーだが、やたら高評価のゲームパッド
値段はそこそこしてECサイトでの高評価が多い、と一見してよさそうですが評価は業者が意図的に高評価にしているケースが多いです。値段がそこそこするなら信頼性のあるゲーム機のゲームパッドを買った方がいいでしょう。

ゲームパッドは異常にボタンなどを押しまくるため、耐久性が非常に大切な要素になります。その点、ゲーム機のゲームパッドの耐久性は申し分ありません。Steamでの統計になりますが、Steamでのゲームパッドのシェア率1位がいまだに【Xbox360 Controller】なのは、耐久性がある証拠にもなると思います。

Steam上でのコントローラーのシェア率(2018)
Xbox360のゲームパッド45% (2,720万)
PlayStation 4のゲームパッド20% (1,220万)
XboxOneのゲームパッド19% (1,150万)
PlayStation 3のゲームパッド7% (410万)
その他のコントローラー8% (490万)

Steamでのゲームパッドの統計はコチラ。

2【ゲーム機のゲームパッドについて】

XboxOneのゲームパッドの画像

現在売られていてお勧めのゲーム機のゲームパッドは、マイクロソフトの【Xbox Series Xのゲームパッド】、ソニーの【PS5のDualSense】、任天堂の【SwitchのProコントローラー】になります。Xbox360のゲームパッドは生産終了しています。また任天堂Switchに付属されている【Joy-Com】は耐久性があまりないためお勧めできません。

PlayStation 4のゲームパッドの画像

Xbox Series XのゲームパッドPS5のDualSenseSwitchのProコントローラーは3つ共に【Windowsのパソコン】【Androidのタブレット・スマホ】に対応していて、【iPhone・iPad】には2021年4月27日のiOS14.5・iPadOS14.52019年のアップデートでXbox Series XのゲームパッドとPS5のDualSenseが対応しました。

パソコン
(Windows)
タブレット
スマートフォン
(Android)
iPhone・iPad
Xbox Series X
DualSense
(PlayStation 5)
Switch
Proコントローラー

今後対応するかも?
Proコントローラーの画像

また純正品ではありませんが、交換用のボタンやスティックなどのパーツもゲーム機のゲームパッドは充実しています。交換はゲームパッドを分解して行うため、分解するとゲームパッドの保証対象外になりますので自己責任でお願いします。

様々な機器に接続でき、耐久性もあり、交換用のボタンやスティックも充実しているため、ゲームパッドのお勧めは必然的にゲーム機のゲームパッドになります。


3【有線と無線】

有線と無線のゲームパッドの画像

ゲームパッドの接続方法は【USBで接続する有線接続】と、【Bluetoothや2.4GHz帯で接続する無線接続】の2種類があります。主流なのはBluetoothでの無線接続ですが、接続する側にBluetooth受信機がない場合は、別途Bluetoothアダプターが必要になります。

タブレット・スマホなどはBluetooth受信機が搭載されているので必要ありません。ノートパソコンもBluetooth受信機が搭載されている製品なら必要ありません(普通は搭載されています)。

デスクトップパソコンにはBluetooth受信機が搭載されている事が少ないため、その場合はBluetoothアダプターが必要になります(Bluetooth受信機が搭載されていないノートパソコンもです)。

おすすめのBluetoothアダプターはコチラ。 (紹介しているBluetoothアダプターは全てゲームパッドに対応しています)

3-1【有線と無線での電源について】

ゲームパッドに電気が供給されないとゲームパッドは使用できません。

■有線接続する場合
接続した機器(パソコン・タブレット・スマートフォン)から給電されます。そのためタブレットやスマートフォンに有線接続するとタブレットやスマートフォンのバッテリーの減りが早くなります。

■無線接続する場合
ゲームパッドに電源があります。【バッテリー内蔵タイプ】と【乾電池タイプ】の2つがあります。

4【左スティック・D-Padの位置とボタン表記について】

ゲームパッドの左スティック・D-Pad(十字キー)の位置とボタン表記には、いくつかの種類があります。 どの配置や表記が最も良いという事はないです。

◆左スティックとD-Pad(十字キー)の位置
左スティックが【上】でD-Pad(十字キー)が【下】の配置と
左スティックが【下】でD-Pad(十字キー)が【上】の真逆の配置の2種類。

◆ボタン表記
ABXY】【X○□△】【BAYX】など。

下はメジャーなゲームパッドの画像になります。違いが分かると思います。

【Xbox Series Xのゲームパッド】と【DualSense】
XboxOneとPS4のゲームパッドの画像
【Switch Proコントローラー】と【F710】
Switch ProコントローラーとF710の画像
【Steamコントローラー】と【Nimbus】
SteamコントローラーとNimbusの画像

5【各機器でのおすすめのゲームパッドへ】

ゲームパッドを接続する機器は【パソコン】【タブレット】【スマートフォン】になります。パソコンは【Windows】、タブレットとスマートフォンには【iOS】と【Android】の2つがあります。 パソコンには【Mac】と【Linux】もありますが当サイトでは除外しています(私がMacとLinuxでゲームをする環境を持っていないため)。

5-1【Windows】

5-2【iPad / iPhone】

iPadOS iOSの画像

5-3【Android】



TOP