SoSoDa


おすすめのゲームパッド【Windows】
2022年1月版

更新日 2022年1月7日 | 公開日 2019年7月2日

ゲームパッドWindwosのトップ画像

このページはパソコン【Windows】でのお勧めのゲームパッドを紹介しています。【2022年1月版】になります。

目次
  1. ◆1 Windowsでのゲームパッドについて
    1. ・1-1 各ゲームパッドの値段
  2. ◆2 Xbox Series Xのコントローラー
  3. ◆3 DualSense
  4. ◆4 Switch Pro Controler
  5. ◆5 F310
  6. ◆6 F710r
  7. ◆7 Xbox Elite Wireless Controller Series2
  8. ◆8 Wolverine V2
  9. ◆9 Wolverine V2 Chroma
  10. 関連ページ

1【Windowsでのゲームパッドについて】

ゲームパッドの選び方のページ で説明したように、ゲーム機のゲームパッドがお勧めです。 その中でも入力方式が【X Input】の【Xbox Series Xのゲームパッド】が最もお勧めです。【X Input】については、【X Input】と【Direct Input】のページへ。

そこに
◆安いゲームパッドの【F310】と【F710r

◆追加ボタンのあるゲームパッドの【Xbox Elite Wireless Controller Series2

1-1【各ゲームパッドの値段】

各ゲームパッドのざっくりとした値段表になります。

Xbox Series Xのコントローラー6,500円
DualSense7,500円
Switch Pro Controler6,500円
F3102,000円
F710r4,000円
Xbox Elite Wireless Controller Series219,500円
Wolverine V213,000円
Wolverine V2 Chroma20,000円

値段は変動しますし、amazon.co.jpを基準にしていますので参考程度にして、実際の値段は各製品のリンク先のショッピングサイトで確認して下さい。 また同じ製品でも色違いで値段が変わる場合もあります。

2【Xbox Series Xのコントローラー】Microsoft

Xbox Series Xのゲームパッドの画像
接続方法有線と無線(Bluetooth)
無線時の電源単3形乾電池x2本
入力方式X Input
Steam正式対応

Xbox Series X(S)のゲームパッドが【Xbox Series Xのコントローラー】になります。パソコンゲームでのゲームパッドの主流はXbox系のゲームパッドで【Xbox Series Xのコントローラー】が、その最新モデルです。Windowsを開発しているのがMicrosoftで、XboxもMicrosoftが開発しているため親和性は随一です。


【Xbox Series Xのコントローラー USB-Cケーブル付き】

ブラックカラーモデルにはUSB-Cケーブルが付属したモデルがあります。他のカラーにはケーブル付属モデルはありません。


【Xbox Series Xのコントローラー ホワイト】
Xbox Series Xのコントローラー ホワイトの画像
Yahoo! ショッピング
PayPayモール
Amazon

【Xbox Series Xのコントローラー ブルー】
Xbox Series Xのコントローラー ブルーの画像
Yahoo! ショッピング
PayPayモール
Amazon

【Xbox Series Xのコントローラー レッド】
Xbox Series Xのコントローラー レッドの画像
Yahoo! ショッピング
PayPayモール
Amazon 楽天市場

【Xbox ワイヤレス アダプター / Microsoft】
XboxOne Controller専用Bluetoothアダプタの画像

Microsoftから出ている純正のワイヤレス アダプター。純正だとパソコンに8台同時に接続できますが、【Xbox Series Xのコントローラー】はBluetoothに対応しているので複数台同時に接続しないなら【Bluetoothアダプター 】でオッケーです。

3【DualSense】SONY

DualSenseの画像
接続方法有線と無線(Bluetooth)
無線時の電源専用バッテリー内蔵
USB接続で充電
入力方式Direct Input
Steam正式対応

PlayStation 5のゲームパッド【DualSense / デュアルセンス】。初代のPlayStationから基本形状は変わっていないため、この形状に慣れている方にお勧め。

Steamは完全対応したのでSteamのゲームなら【DualSense】でゲームができます。【X Input】に変換する外部ソフトでは【DS4windows】が一部の機能がまだ未対応ですが基本的なゲームパッドの動作には対応しています。ただDualSenseへの対応はまだ開発途中なので不具合があるかもしれません。






4【Switch Pro Controller】Nintendo

Switch Pro Controllerの画像
接続方法無線(Bluetooth)
無線時の電源専用バッテリー内蔵
USB接続で充電
入力方式Direct Input
Steam正式対応

Switchのゲームパッド【Switch Pro コントローラー】。Steamに対応したため、パソコンでのゲームパッドの候補に上がりました。パソコンとUSB接続はできますが操作はできないため無線(Bluetooth)での接続のみになります。USB接続はバッテリーの充電時に使用します。

PS4のゲームパッド【DUALSHOCK 4】と同じく【Direct Input】で接続するため【X Input】対応のゲームをプレイするには【Xbox 360 Controller Emulator】などのソフトを使い、Xbox360 Controllerとして認識させる必要があり、ひと手間かかります。

Steamには正式対応しているため、Steamのゲームなら追加ソフトなしでプレイ可能です。

5【F310】logicool

F310の画像
接続方法有線
入力方式X Input / Direct Input
Steam正式対応

logicoolから出ている有線接続のゲームパドッド。特徴は値段が安いの一点。ただ耐久性は低いため、とにかく値段の安いゲームパッドが欲しい方のみに、お勧めです。

【X Input】と【Direct Input】両対応なため、基本的にどんなゲームでもプレイできます。Steamにも正式対応。

6【F710】logicool

F710の画像
接続方法無線(2.4GHz帯)
無線時の電源単3形乾電池x2本
入力方式X Input / Direct Input
Steam正式対応

logicoolが出している無線のゲームパッド【F710r】。耐久性は低いですが値段は少し安いためとにかく値段の安い無線のゲームパッドが欲しい方のみに、お勧めです。

【X Input】と【Direct Input】両対応なため、基本的にどんなゲームでもプレイできます。Steamにも正式対応。

7【Xbox Elite Wireless Controller Series2】Microsoft

Xbox Elite Wireless Controller Series2の画像
接続方法有線と無線(Bluetooth)
無線時の電源専用バッテリー内蔵
USB接続で充電
入力方式X Input
Steam正式対応

【XboxOne Elite Wireless Controller】の後継モデル。通称【エリコン】。ゲームパッドの裏側、指で握るグリップの部分に【4つのボタンを追加】。このボタンにABXYボタンやD-Pad(十字キー)などを自由に割り当てる事ができ、親指でスティック操作をしている時でもABXYボタンやD-Pad(十字キー)も操作できる、という便利な製品。またボタンなどのカスタマイズも可能。

8【Wolverine V2】RAZER

Wolverine V2の画像
接続方法有線
入力方式X Input
Steam正式対応

RAZERから出ている2つの追加ボタンを備えたゲームパッドが【Wolverine V2】です。左右のトリガー横に追加ボタンがあります。 エリコン同様に追加ボタンは、ABXYボタンやD-Pad(十字キー)などを自由に割り当てる事ができます。あまり変更はしないと思いますがスタートボタンとセレクトボタンも割り当て変更が可能となっています。

トリガーストップ機能】も搭載していてスイッチをオンにするとトリガーの作動距離が短くなり素速くトリガーをひけるようになります (背面にスイッチがあります)。カラーバリエーションとしてホワイトモデルあり。


【Wolverine V2 / ホワイト】
Wolverine V2 Whiteの画像

9【Wolverine V2 Chroma】RAZER

Wolverine V2 Chromaの画像
接続方法有線
入力方式X Input
Steam正式対応

RAZERから出ている6つの追加ボタンを備えたゲームパッドが【Wolverine V2 Chroma】になります。左右のトリガー横とゲームパッドの裏側に追加ボタンがあります。 エリコン同様に追加ボタンは、ABXYボタンやD-Pad(十字キー)などを自由に割り当てる事ができます。あまり変更はしないと思いますがスタートボタンとセレクトボタンも割り当て変更が可能となっています。

トリガーストップ機能】も搭載していてスイッチをオンにするとトリガーの作動距離が短くなり素速くトリガーをひけるようになります (背面にスイッチがあります)。またすぐに交換可能な形状と高さの違うスティックキャップが2種類付属します。 とフル装備なゲームパッドとなっています。カラーバリエーションとしてホワイトモデルあり。


【Wolverine V2 Chroma / ホワイト】
Wolverine V2 Chroma Whiteの画像

【関連ページ】



TOP