SoSoDa


おすすめのモバイルマウス
2024年6月版
[アフィリエイト広告]

更新日 | 公開日 2023年2月21日

モバイルマウスのトップ画像

このページでは、お勧めのモバイルマウス (携帯用マウス)を紹介しています。【2024年6月版】になります。

・マウスについて知りたい方、マウスのスペックの見方や用語が分からない方は、スペックの見方【マウス】 のページへ。
目次
  1. モバイルマウスとは?
    1. 接続方法について
    2. 電源について
    3. ボタン数や細かな設定・専用ソフトについて
  2. 簡易スペック表 (掲載製品の目次)
  3. 無線で薄型マウス
  4. 無線で小型に変形するマウス
  5. 関連ページ

【モバイルマウスとは?】

ぶっちゃげ有線接続のでかいマウスでも持ち運べばモバイルマウスとなりますが、このページでは無線接続の【薄型マウス】、【小型に変形するマウス】、【小型のトラックボール】をモバイルマウスとして紹介します。

薄型マウスと小型に変形するマウスの画像
薄型マウスは薄いので鞄やポケットに入れてもかさばりません。

小型に変形するマウスは使用時は展開し、携帯時は縮小するためかさばりません。

小型のトラックボールはデスクが狭くても使用でき、デスクがない時でも太ももなどに置いて使用できます。

3つ共に携帯性を重視したマウスなのでマウス機能はシンプルになります。

接続方法について

マウスの接続には【USBでの有線接続】【2.4GHz帯での無線接続】【Bluetoothでの無線接続】の3つがあります。

USB接続は無線接続よりも開発・製造コストが抑えられるため無線マウスより値段が安い傾向です。ただケーブルが邪魔になります。

2.4GHz帯は専用の送受信機をパソコンに挿す必要がありますが、Bluetoothより低遅延で安定性も高いです。

Bluetoothはパソコン側が送受信機を搭載していればペアリングするだけで使用する事ができます。パソコンの他にタブレットやスマートフォンなどにも接続可能など汎用性は高いですが、2.4GHz帯より遅延があり安定性にも欠けます。

※ここでの遅延とはマウスをクリックしてからパソコンが反応するまでのタイムラグの事をさします。また意図せずに接続が切れたり繋がったりすると安定性が低いとなります。ただ一般的なマウスの使用ならBluetoothでの無線接続でも問題ないレベルです。ゲームなどのタイミングが重要かつ失敗できない操作には低遅延で安定性の高い2.4GHz帯か有線接続が向いています。

電源について

マウスも電子機器なので電力を供給しないと動きません。

・有線接続はUSBケーブルから電力も流れています。

・無線接続ではマウス本体に電源を搭載させます。【乾電池】か【専用バッテリー】を搭載し、乾電池は単3形乾電池か単4形乾電池を1~2本、専用バッテリーはUSB接続で充電します (スマホなどと同じ感じ)。乾電池はエネループなどの乾電池型の充電池も使えます。

【簡易スペック表 (掲載製品の目次)】

値段は変動しますし、基本的にamazon.co.jpを基準にしていますので参考程度にして、実際の値段は各製品のリンク先のショッピングサイトで確認して下さい。【有線版・無線版】もしくは【2.4GHz帯版・Bluetooth版】など2つある製品は値段が安い方を掲載しています。また同じ製品でも色違いで値段が変わる場合もあります。

【無線で薄型マウス】
製品名
(メーカー)
ボタン数サイズ
重量
電源
接続値段
Modern Mobile Mouse
Surface Mobile Mouse

(Microsoft)
4 (3)107.2x60.3x25.8mm
78g
単4形乾電池x2
Bluetooth10色3,000円
(※)
PEBBLE2 M350S
(logicool)
3106.7x58.7x26.6mm
76g(電池含む)
単3形乾電池x1
2.4GHz帯
Bluetooth
5色3,500円
M-TM10DB
M-TM10BB

(elecom)
4103.8x55.5x28.0mm
66g
単3形乾電池x1
2.4GHz帯
Bluetooth
6色2,500円
M-TM15BB
(elecom)
4103.8x55.5x28mm
49g
専用バッテリー
Bluetooth4色3,000円
(※)

※2024年6月7日現在、※印の製品が品薄で値段が上がっています。


【無線で小型に変形するマウス】
製品名
(メーカー)
ボタン数サイズ
重量
電源
接続値段
M-CC2BRS
(elecom)
387x41x30.3mm
40g
専用バッテリー
Bluetooth4色3,500円
M-CCP1BB
(elecom)
6102.0x43.0x43.2mm
48g
専用バッテリー
Bluetooth3色4,500円

【小型のトラックボール】
製品名
(メーカー)
ボタン数サイズ
重量
電源
接続値段
M-MT1DRSBK
M-MT1BRSBK

(elecom)
589.9x73.7x41.3mm
約77g (電池なし)
単4形乾電池x1
2.4GHz帯
Bluetooth
4,000円
(※)
M-MT2DRSBK
M-MT2BRSBK

(elecom)
593.9x61.9x40.2mm
約83g (電池なし)
単4形乾電池x1
2.4GHz帯
Bluetooth
4,000円
(※)
Orbit Wireless
Mobile Trackball

(Kensington)
2 (3)110x87x40mm
107g
単3形乾電池x2
2.4GHz帯5,500円
(※)

※2024年6月7日現在、※印の製品が品薄になっています。

【無線で薄型のマウス】

【Modern Mobile Mouse】【Surface Mobile Mouse】Microsoft

Modern Mobile Mouseの画像
サイズと重量107.2 x 60.3 x 25.8mm(DxWxH)
約78g (乾電池2本含む)
センサー非公開
トラッキング解像度非公開
レポートレート非公開
ボタン数4 (3)ボタン
接続Bluetooth
電源単4形乾電池x2
発売日2019年1月25日 (Modern Mobile Mouse)
2020年5月12日 (Surface Mobile Mouse)

マイクロソフトの薄型マウスが【Modern Mobile Mouse】と【Surface Mobile Mouse】になります。「名前・カラーバリエーション・発売時期」が違いますが製品自体は同じ物ですので、好みの色で選ぶ感じになります。

接続はBluetoothで、電源は単4形乾電池2本。4ボタンありますが「電源・ペアリングボタン」には他のキーを割り当てる事はできないため、マウスとして利用できるボタンは3ボタンとなります。全10色のカラーバリエーション。※【Surface Mobile Mouse】は同じ製品名の古いモデルがありますが、古いため安定して購入できないので掲載していません。

【Modern Mobile Mouse / ブラック】

Modern Mobile Mouseのカラーバリエーションの画像
【Modern Mobile Mouse / ホワイト】

【Modern Mobile Mouse / ブルー1】

【Modern Mobile Mouse / ブルー2】

【Modern Mobile Mouse / ピンク】

【Modern Mobile Mouse / グリーン1】

【Modern Mobile Mouse / グリーン2】

Surface Mobile Mouseの画像
【Surface Mobile Mouse / ブルー】

【Surface Mobile Mouse / レッド】

【Surface Mobile Mouse / ピンク】

【PEBBLE2 M350S】logicool

PEBBLE2 M350Sの画像
サイズと重量106.7 x 58.7 x 26.6mm(DxWxH)
76g (乾電池1本含む)
センサー光学
トラッキング解像度400~4000dpi (100dpi刻み)
レポートレート非公開
ボタン数3ボタン
接続Logi Bolt(2.4GHz帯) / Bluetooth
対応OS
(2.4GHz帯)
【Windows】
【macOS】
電源単3形乾電池x1
発売日2023年10月19日

ロジクールの薄型マウスで【PEBBLE M350】の後継モデルが【PEBBLE2 M350S】になります。「3台までのデバイスを登録する事で使用するデバイスを素早く切り替えられる【Easy-Switch】機能に対応」、「トラキング解像度が100dpi刻みで400~4000dpiの幅で調節可能 (前モデルは1000dpi)」、「ゲーミングマウスで培った軽量化技術で重量を約24g減らす」と非常に効果的なアップグレードを果たしています。

ただし2.4GHz帯接続用の専用レシーバー(Logi Bolt)が別売りとなったのは、ちょっと痛すぎます (Logi Boltレシーバーは1,000円前後)。Logi Boltがない場合はBluetooth接続のみになります。

PEBBLE2 M350Sのカラーバリエーション画像
【ブラック (グラファイト)】

【ホワイト (オフホワイト)】

【ピンク (ローズ)】

【グレー (グレージュ)】

【ブルー】

【Logi Bolt レシーバー】
Logi Bolt レシーバーの画像

【M-TM10DB】【M-TM10BB】elecom

M-TM10BBBKの画像
M-TM10DBBKの画像

※画像上が【M-TM10DBBK】、下が【M-TM10BBBK】。

サイズと重量103.8 x 55.5 x 28.0mm(DxWxH)
約66g (乾電池1本含む)
センサー光学 BlueLED
トラッキング解像度
(M-TM10DBBK)
800 / 1600dpi
トラッキング解像度
(M-TM10BBBK)
1600dpi
レポートレート非公開
ボタン数4ボタン
接続
(M-TM10DBBK)
2.4GHz帯
接続
(M-TM10BBBK)
Bluetooth
電源単3形乾電池x1
発売日2020年8月
2024年6月13日 (ILMF)

エレコムの薄型マウスが【M-TM10DB】と【M-TM10BB】になります。それぞれ接続方法が異なり【M-TM10DBが2.4GHz帯】で【M-TM10BBがBluetooth】での無線接続になります。電源は2つ共に単3形乾電池1本。

4ボタンで「戻るボタン」はありますが「進むボタン」はありません。「スライド送り・戻し」などを操作できるプレゼンテーションモードがあります。全6色のカラーバリエーション。携帯時に便利なソフトレザーの収納ポーチが付属します。

2024年6月に単色ではなく2色(ツートンカラー)にした【M-TM10DB (2.4GHz帯)】のカラーバリエーション「ILMFシリーズ」が出ました。全4モデル。


M-TM10DB-ILのカラーバリエーションの画像
【M-TM10DBBK-IL / 2.4GHz帯 / ブラック】

【M-TM10DBWH-IL / 2.4GHz帯 / ホワイト】

【M-TM10DBPN-IL / 2.4GHz帯 / ピンク】

【M-TM10DBYL-IL / 2.4GHz帯 / イエロー】

M-TM10DBBKのカラーバリエーションの画像
【M-TM10DBBK/ 2.4GHz帯 / ブラック】

【M-TM10DBWH/ 2.4GHz帯 / ホワイト】

【M-TM10DBGY / 2.4GHz帯 / グレイ】

【M-TM10DBBU / 2.4GHz帯 / ブルー】

【M-TM10DBRD / 2.4GHz帯 / レッド】

【M-TM10DBPN / 2.4GHz帯 / ピンク】

M-TM10BBBKのカラーバリエーションの画像
【M-TM10BBBK/ Bluetooth / ブラック】

【M-TM10BBWH/ Bluetooth / ホワイト】

【M-TM10BBGY / Bluetooth / グレイ】

【M-TM10BBBU / Bluetooth / ブルー】

【M-TM10BBRD / Bluetooth / レッド】

【M-TM10BBPN / Bluetooth / ピンク】

【M-TM15BB】elecom

M-TM15BBBKの画像
サイズと重量103.8 x 55.5 x 28.0mm(DxWxH)
約49g
センサー光学 BlueLED
トラッキング解像度1600dpi
レポートレート非公開
ボタン数4ボタン
接続Bluetooth
電源専用バッテリー / USB接続で充電
発売日2022年8月

エレコムの専用バッテリー搭載型の薄型マウスが【M-TM15BB】になります。専用バッテリーはUSB接続で充電。接続はBluetoothで、スイッチを切り替えると操作するデバイスも切り替えられるマルチペアリング対応(3台)です。スイッチは静音仕様。

4ボタンで「戻るボタン」はありますが「進むボタン」はありません。「スライド送り・戻し」などを操作できるプレゼンテーションモードがあります。全4色のカラーバリエーション。携帯時に便利なソフトレザーの収納ポーチが付属します。

M-TM15BBBKのカラーバリエーションの画像
【M-TM15BBBK / ブラック】

【PM-TM15BBWH/ ホワイト】

【M-TM15BBBU / ブルー】

【M-TM15BBPN / ピンク】

【無線で小型に変形するマウス】

【M-CC2BRS】elecom

M-CC2BRSWHの画像
サイズと重量87.0 x 41.0 x 30.3mm(DxWxH)
52.0 x 41.0 x 30.3mm(収納時)
約40g
センサー光学 IR
トラッキング解像度1200dpi
レポートレート非公開
ボタン数3ボタン
接続Bluetooth
電源専用バッテリー / USB接続で充電
発売日2017年7月

エレコムの伸縮タイプのモバイルマウスが【M-CC2BRS】になります。接続はBluetoothで、電源は専用バッテリー搭載です。3ボタンでスイッチは静音仕様。マウスにクリップがありポケットやパソコンなどに挟む事ができます。全4色のカラーバリエーション。

【M-CC2BRSWH / ホワイト】

M-CC2BRSのカラーバリエーションの画像
【M-CC2BRSBU / ブルー】

【M-CC2BRSRD / レッド】

【M-CC2BRSYL / イエロー】

【M-CCP1BB】elecom

M-CCP1BBBKの画像
サイズと重量102.0 x 43.0 x 43.2mm(DxWxH)
62.5 x 43.0 x 43.2mm(収納時)
約48g
センサー光学 BlueLED
トラッキング解像度1600dpi
レポートレート非公開
ボタン数6ボタン
接続Bluetooth
電源専用バッテリー / USB接続で充電
発売日2020年10月

エレコムの伸縮タイプのモバイルマウスが【M-CCP1BB】になります。変形するマウスなのに【6ボタン】とボタン数が多いです (チルトを合わせた数)。ホイールの左右にもボタンがある【チルトホイール】搭載、スイッチは静音仕様。

接続はBluetooth、電源は専用バッテリー搭載です。マウスにクリップがありポケットやパソコンなどに挟む事ができます。全3色のカラーバリエーション。

【M-CCP1BBBK / ブラック】

M-CC2BRSのカラーバリエーションの画像
【M-CCP1BBWH / ホワイト】

【M-CCP1BBRD / レッド】

【小型のトラックボール】

【M-MT1DRSBK】【M-MT1BRSBK】elecom

ボールサイズ (直径)非公開
サイズと重量89.9 x 73.7 x 41.3mm(DxWxH)
約77g (電池なし)
センサー光学
トラッキング解像度700 / 1500dpi
レポートレート非公開
ボタン数5ボタン
接続2.4GHz帯 or Bluetooth
対応OS
(2.4GHz帯)
【Windows7以降】
【macOS10.14以降】
電源単4形乾電池x1
発売日2019年11月

エレコムの親指タイプでモバイル仕様のトラックボールが【M-MT1DRSBK】と【M-MT1BRSBK】になります。2.4GHz帯モデルとBluetoothモデルがあります (両方無線接続)。 ボールは【32mm】の小型。電源は単4形乾電池1本。携帯用のセミハードケースが付属します。

【M-MT1DRSBK / 無線 (2.4GHz帯)】
M-MT1DRSBKの画像

【M-MT1BRSBK / 無線 (Bluetooth)】
M-MT1BRSBKの画像

【M-MT2DRSBK】【M-MT2BRSBK】elecom

ボールサイズ (直径)34mm
サイズと重量93.9 x 61.9 x 40.2mm(DxWxH)
約83g (電池なし)
センサー光学
トラッキング解像度750 / 1500dpi
レポートレート非公開
ボタン数5ボタン
接続2.4GHz帯 or Bluetooth
対応OS
(2.4GHz帯)
【Windows7以降】
【macOS10.14以降】
電源単4形乾電池x1
発売日2019年11月

エレコムの人差し指・中指タイプでモバイル仕様のトラックボールが【M-MT2DRSBK】と【M-MT2BRSBK】になります。2.4GHz帯モデルとBluetoothモデルがあります (両方無線接続)。 ボールは【34mm】の小型。電源は単4形乾電池1本。携帯用のセミハードケースが付属します。

【M-MT2DRSBK / 無線 (2.4GHz帯)】
M-MT2DRSBKの画像

【M-MT2BRSBK / 無線 (Bluetooth)】
M-MT2BRSBKの画像

【Orbit Wireless Mobile Trackball】Kensington

Orbit Wireless Mobile Trackballの画像
ボールサイズ (直径)32mm
サイズと重量110 x 87 x 40mm(DxWxH)
107g
センサーレーザー
トラッキング解像度非公開
レポートレート非公開
ボタン数2 (3)ボタン
接続2.4GHz帯
対応OS【Windows XP以降】【macOS】
【ChromeOS 44以降】
電源単3形乾電池x2
発売日2020年 (現行モデル)

ケンジントンの左右対称タイプでモバイル仕様のトラックボールが【Orbit Wireless Mobile Trackball】になります。ボールは【32mm】の小型。ボール周辺にリング状の「タッチスクロール」があり、そのリングをなぞるとスクロールします (タッチ操作)。 物理的には2ボタンですが2つのボタンを同時押しで他のボタンとして認識できるためマウス操作的には3ボタンとして使用できます。電源は単3形乾電池2本。何度もリニューアルしているロングセラー製品です。

【関連ページ】



📋 📖